新しい生活様式とともに迎える新学期 —中学校入学式・ガイダンス—

学校生活

新しい生活様式とともに迎える新学期 —中学校入学式・ガイダンス—

  • 前の記事
  • 2020.06.04

    新しい生活様式とともに迎える新学期 —中学校入学式・ガイダンス—

  • 次の記事

 6月2日(火)、中学校で入学式とガイダンスを行いました。コロナ禍の影響により2か月遅れで開催した今年の入学式は、密を避けるため新入生を2グループに分け、午前と午後の2回に分かれて行いました。4月以降、新型コロナウイルス感染拡大により緊急事態宣言が発令され、中学生は自宅学習を余儀なくされていました。新1年生はオンラインホームルームなどでお互い顔を合わせる機会はありましたが、直接会うのは今日が初めてです。いつもは在校生と保護者に迎えられて行う入学式ですが、今年は新入生を中村校長、担任や学年付きの先生をはじめとした限られた人数で迎える略式の入学式となりました。それでも新入生を迎える先生方の喜びはいつもと変わりません。中村校長から「やっとみなさんに会えました。入学おめでとう、そして来てくれてありがとう」と言葉が贈られました。入学式の後、学校での集団生活を迎えるにあたり、手洗い、うがい、教室の換気など日常的に取り組む習慣についてガイダンスを行いました。これから一定の期間、各クラスを2チームに分けた分散登校が始まります。自分と周りの人の健康を考えた感染症対策に取り組みながら、中学校生活がスタートします。新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

  • 会場前、一定の距離を保ってクラスごとに整列して入場
    会場前、一定の距離を保ってクラスごとに整列して入場

  • 会場入り口では一人ひとり消毒液による手指消毒を行います
    会場入り口では一人ひとり消毒液による手指消毒を行います

  • 今日初めて会うクラスメイトとも距離を保って着席しました
    今日初めて会うクラスメイトとも距離を保って着席しました

  • 新しい環境に不安いっぱいの新入生に「希望を膨らませよう」 と激励の言葉をかける中村校長
    新しい環境に不安いっぱいの新入生に「希望を膨らませよう」 と激励の言葉をかける中村校長

活動報告一覧

page top