幼稚園生活

おたより

 今年も年長組、年中組の合作のこいのぼり製作を行い、うろこは一人4枚作りました。まずは、折り紙を指定された枚数分を取り、その後、楕円形を半分にした形の型紙3種類(大・中・小)を使って、鉛筆で型をとりました。鉛筆を持たない手で、型紙を押さえなければなりませんが、「こんなふうになっちゃった」と悲しそうな声も。見ると、型紙が動いてしまった形跡や、折り紙と型紙の底面を合わせていなかったことによるサイズの違いの形も。そのため再度皆で確認をしました。一度コツをつかむと、あとはお手の物!「先生、全部出来た!」「次、鋏で切って良いですか?」と順調に進んでいきました。3種類の大きさを重ね合わせて糊で接着していく際には、「しっかりたっぷり糊(を付ける)だよね」と言いながら、手がベトベトになるくらい(まるでハンドクリームを塗っているかのよう!)、しっかりと接着していました。よく頑張りました!

製作こいのぼりが完成し、空で泳ぐ準備をしていた時には、「わぁこいのぼり!」と嬉しそう!結びつけるロープを一緒に引っ張って、「もっと上だよ」「ソーレ!ソーレ!」と威勢の良い掛け声とともに、こいのぼりがどんどんあがって行きました。中には、「ちょっと見てくる」「そこでOK」とこいのぼりの高さや、ロープが絡まっていないかを点検するお役のお子さんの姿も。風がふくたびに「先生見て!」「やったー!」とみんなで作ったこいのぼりを見つめていました。

ばら組(年長)のクラスだよりから抜粋

おたより一覧

page top