幼稚園生活

おたより

 準備していただいたクレヨンで絵を描いて遊びました。まず、絵本『くろくんとふしぎなともだち』をお子さん達に読み聞かせをしました。主人公の『クレヨンのくろくん』を中心とした楽しいお話にお子さんたちは引き込まれていました。読み終えた絵本を閉じて、お子さん達のクレヨンを見せると、ぱっと明るい笑顔になりました。
 クレヨンと白い画用紙を受け取って、さあお絵描きの始まりです!色を順番に使って画用紙の端から塗りつぶした色を並べるように描く人、「見てー!」と描いた絵を全員の先生を呼んで見せてくれる人、「これはお魚、これは船、こっちは波」とイメージしながら描く人、一つの色を画用紙いっぱいにぐるぐる重ねて描いて「超水色!」と表現する人、描いた画用紙全体をジーっと笑顔で眺めている人、トントントンとクレヨンを叩いて音と描かれた点を楽しむ人。ここで面白く感じたのは、近くのお子さんがトントントンとクレヨンを叩くとそれが周りのお子さんにも伝染していくこと、色を一つずつ横並びに塗って楽しんでいると自然と近くのお子さんも同じ表現を楽しみ始めること。絵を描いて楽しむ活動でありますが、友達が隣にいて描いている嬉しさが絵にも表現されるのですね。みんなと一緒に描いているという幼稚園ならではの姿かもしれませんね。

れんげ組(年少)のクラスだよりから抜粋

おたより一覧

page top