オーストラリア短期留学 —中学3年生14人がオーストラリア・パースへ—

学校生活

オーストラリア短期留学 —中学3年生14人がオーストラリア・パースへ—

  • 前の記事
  • 2018.09.07

    オーストラリア短期留学 —中学3年生14人がオーストラリア・パースへ—

  • 次の記事

 8月14日(火)から28日(火)までの2週間、中学3年生14人がオーストラリアへ短期留学しました。西部にあるパースという街でホームステイし、現地のセントノバート校(St. Norbert College)で生徒たちと交流しながら学びました。「世界一美しい街」と言われるパースの街並みも楽しみ、たくさんの思い出を作って無事に帰国しました。

<出発>
飛行機トラブルで、羽田を予定の2時間遅れで深夜に出発した今年のオーストラリア短期留学メンバー14名。15日午後、目的地パースのセントノバート校に無事に到着しました。全員がホストファミリーと顔を合わせ、パースでのワクワク、ドキドキの2週間が始まりました。

<セントノバート校1日目>
午前中は、日本語クラスで学んでいる生徒に校内を案内してもらった後、ESLクラスでアンナ先生から英語の授業を受けました。
午後はバディのクラスに参加して実際に英語での質問に答える場面などもあり、だんだん英語を使う度胸がついてきました。

<動物園>
パース3日目。今日はカバシャム ワイルドライフパークに出かけて、コアラ、ウォンバット、カンガルーなどと触れ合う楽しい時間を過ごしました。週末はそれぞれのホストファミリーと共に過ごして、この国の人々の生活を直に体験しました。

<2週目>
パース滞在2週目に入りました。ホストファミリーと楽しい週末を過ごし、学校での英語の授業にますます身が入ります。
キングスパークを散策したあと、スワン川のリバーサイド約10キロをサイクリングしました。お天気も良く、気持ちの良い1日でした。

<小学校訪問>
リセスの時間はお菓子を交換したりしてバディ以外の生徒とも仲良くなれます。
午後にはセントノバート校の隣にあるセントジョセフ小学校を訪問して、5年生に日本文化や日本の遊びを紹介しました。けん玉、紙相撲、折り紙、書道を体験してもらい、一緒に楽しい時間を過ごしました。

<フェアウェルパーティー>
セントノバート校でフェアウェルパーティーを開いて頂きました。
成城生一人ひとり、校長先生から修了証書を受け取り、成城生からはバディに自作の感謝状を渡すセレモニーが行われました。
アトラクションとして、成城生による「浦島太郎」の英語劇を披露しました。亀のユーモラスな姿が笑いを誘っていました。

活動報告一覧

page top