学園の取り組み

  • 前の記事
  • 2018.10.11

    2500人が第一グラウンドに集結! —成城学園創立100周年記念合同体育祭—

  • 次の記事

10月7日(日)、成城学園創立100周年記念合同体育祭を開催しました。幼稚園児から大学生までの約2500人が人工芝に生まれ変わった第一グラウンドに集結。グリーン、イエロー、レッド、オレンジ、ブルー、パープルの6色に縦割りで分かれ、さまざまな種目で熱戦を繰り広げました。
学校ごとの種目はもちろん、合同体育祭の醍醐味である、幼稚園児から大学生までが協力して行う競技は大盛り上がり。大学生が幼稚園児を肩車したり、手をつないで走ったり、白熱した展開の中にも、ほほえましい姿がありました。
また、100周年の記念ということで、“学園史上初”の試みとして行われる競技もありました。その1つが「スーパー大障壁」です。障壁を乗り越える種目は、中高の体育祭ではおなじみ。これを初等学校の子どもたちから大学生までが協力して3つの高さの障壁を乗り越えるレースとして行いました。小学生からしてみると、自分の1.5倍以上も高さのある壁を自力で乗り越えるのは至難の業。大学生が先に上って引き上げたり、下から小学生を持ち上げたり…各色チームワークを発揮して競技に挑んでいました。
最後の得点種目「色別選抜オールスターリレー」は初等学校1年生から大学生まで2名ずつエントリー。高校生にバトンがわたると、一気にレースのスピードが上がり、応援席にいた初等学校の子どもたちからは「速い…すごい…」と感嘆の声が。最後の最後まで勝負がもつれる素晴らしいレースでした。
季節外れの暑さの中の開催となりましたが、競技やパフォーマンスを通して、出場した子どもたちも、そして見ている人たちも、学園全体が1つになった1日でした。

  • 気持ちの良い青空の下での開催となりました
    気持ちの良い青空の下での開催となりました

  • 初等学校の100周年記念キャラクター「モグトカゲ」も一緒に、初等学校の子どもたちとダンス
    初等学校の100周年記念キャラクター「モグトカゲ」も一緒に、初等学校の子どもたちとダンス

  • 6色の風船が空へ舞い上がりました
    6色の風船が空へ舞い上がりました(環境にやさしい風船です)

  • 大学應援團とチアリーダー、各色の応援団長(高校生)によるパフォーマンス
    大学應援團とチアリーダー、各色の応援団長(高校生)によるパフォーマンス

  • 一生懸命大玉を転がす園児を、優しく見守る大学生
    一生懸命大玉を転がす園児を、優しく見守る大学生

  • 最後の一個がなかなか入らない!大学生が園児を肩車!
    最後の一個がなかなか入らない!大学生が園児を肩車!

装飾・入場門の作成や競技運営などを行う実行委員も、中高大の生徒・学生が協力

  • 初等学校ブラスバンド部、中学バトン部、高校チアダンス部、中高吹奏楽部が1日限りの共演
    初等学校ブラスバンド部、中学バトン部、高校チアダンス部、中高吹奏楽部が1日限りの共演

  • 後半だいぶ疲れてきた小学生を競技の合間におんぶ
    後半だいぶ疲れてきた小学生を競技の合間におんぶ

  • 大学生が小学生を抱え上げて障壁を越える!
    大学生が小学生を抱え上げて障壁を越える!

  • 大学生が回し手、小学生から高校生までが息を合わせてチームジャンプ
    大学生が回し手、小学生から高校生までが息を合わせてチームジャンプ

  • 目の前を走り抜けていく選手たちへ、大声援!
    目の前を走り抜けていく選手たちへ、大声援!

  • 優勝はパープルチームでした!
    優勝はパープルチームでした!

page top