学園の取り組み

  • 前の記事
  • 2018.03.01

    初等学校父母の会主催「教養講座」を開催しました

  • 次の記事

 1月22日(月)、澤柳記念講堂で初等学校父母の会が主催する「平成29年度教養講座」が行われました。今年度は文部科学大臣補佐官で東京大学と慶應義塾大学の教授を務めている鈴木寛氏を講師にお迎えし「300年ぶりの激動期。どんな子どもが生き抜けるのか?」をテーマにお話ししていただきました。科学技術の飛躍的な発展とグローバル化が急速に進む今、子どもに求められる能力は何か、その能力を培うためにはどのような教育が必要か。この日は大雪という悪天候でしたが、参加してくださった多くの保護者の方々から「有意義なお話だった」という声をたくさんいただきました。

初等学校父母の会主催「教養講座」を開催しました

page top