学園の取り組み

  • 前の記事
  • 2016.11.11

    ¡Bienvenido a Seijo Gakuen! 大学留学生と中高生の交流会 “Spanish Day”

  • 次の記事

 11月8日(火)の放課後、中学校高等学校校舎内にあるGlobal Zoneで“Spanish Day”が開催されました。今回のゲストはカリフォルニア州立大学サンバナディーノ校から成城大学に9月から留学中のOscar とJames。英語だけではなくなんとスペイン語も堪能。さらには日本語も勉強しているとのことでした。そんな彼らを迎えたのは中高の生徒たち18名。今回のテーマであるスペイン語で、¡Bienvenido!(ようこそ)と歓迎しました。
まずは留学生の自己紹介からスタート。はじめは日本語、その次に英語、そしてスペイン語で流暢に話してくれました。その流れで生徒たちもスペイン語を練習することに。「私の名前は~です。」という意味の言葉“Me llamo(メヤモ) ~.”から始めました。珍しいイントネーションに全員が興味津々で、何度もくりかえし発音。次々といろいろな単語を覚えていきました。その後は命令ゲームや留学生による海外でのキャンパスライフの紹介を楽しみ、最後にメキシコで古くから親しまれている歌“Cielito Lindo(シェリト リンド)”を大合唱。驚きと笑いの絶えない交流会となりました。
とても印象的だったのは「estudiante(エストゥディアンテ)って英語のスチューデントに似てるよね!」「ojo(オッホ)って人間の目みたいだけど、本当にそのままの意味なんだ!」など、新しい文化や言葉に触発される生徒たちの様子。今回の交流会で体験したスペイン語の文化や言葉は大きな刺激となったのではないでしょうか。

  • ¡Bienvenido a Seijo Gakuen! 大学留学生と中高生の交流会 “Spanish Day”

  • ¡Bienvenido a Seijo Gakuen! 大学留学生と中高生の交流会 “Spanish Day”

  • ¡Bienvenido a Seijo Gakuen! 大学留学生と中高生の交流会 “Spanish Day”

  • ¡Bienvenido a Seijo Gakuen! 大学留学生と中高生の交流会 “Spanish Day”

  • ¡Bienvenido a Seijo Gakuen! 大学留学生と中高生の交流会 “Spanish Day”

page top